寒い時期の頭痛

12月に入り寒さも厳しくなって凍える日が多くなって来ました。

こんな時は、家やお店の中など暖房が効いた暖かい部屋に居たくなりますよね。

お出かけ先でも寒い外を歩き回って冷えた体を、レストランやカフェなどで温めてひと休みする方が多いかと思います。

そんな時、気をつけたほうがいい事があります。

 

◎片頭痛持ちの方は、冷たい外気温から急に暖房の効いた暖かい空間に行くと頭が痛くなってしまった経験はありませんか?

偏頭痛は、血管の拡張が原因で起こる頭痛です。

急激な温度変化によって、縮まっていた血管が一気に広がり血管の周りに炎症が起き、感覚神経を刺激して頭痛が発生します。

 

◎緊張型頭痛は血管の収縮が原因で起こります。

暖かい部屋から冷たい外に出た時に寒さで急に血管が縮まります。

すると、急激な温度変化で血行が悪くなり肩・首回りの筋肉が緊張して頭が痛くなります。

 

温度変化による頭痛を予防して、快適に過ごしたいですよね。そこで。。。

 片頭痛の方は、冬の外出の時はなるべくニット帽・マフラー・耳あて・中にセーターを着るなどして首回りを冷やさないよう暖かい格好で出かける。暖房の効いた空間に入ったら、早めにコート等を脱ぎ暑くなりすぎないようにして体の温度変化を少なくして、体温調節を心がけてみてください。

 

緊張型頭痛の方は、逆に暖かい部屋から寒い外に出る前に上記のような寒さ対策をしてから外出するようにして外気温で首・頭が冷えないように対策をしてみてください。

夏も同様にクーラーと外気温の差が激しくなりますので、こちらもカーディガン等の上着を持ち歩くなどして防ぐと快適に過ごせるようになると思います。

 

このような心配が起きないように、ま日だまり屋の頭痛治療で根本原因を治していきましょう。

ご予約は047−368−8123です。

 

あなたのつらい痛みが一日も早く良くなることを心より願っています!

 

北松戸 頭痛専門 

ふくます整体院